【作業効率アップ】Visual Studio Codeで普段は見ないファイルを非表示にしてワークスペースをすっきり見やすくする

VS Code ツール

Visual Studio Code(VSCode)でLaravelアプリケーションの開発をしていますが、ファイルやディレクトリが多くて目的のファイルを探すのに少し手間取ります。

普段見るファイルは限られているので、不要なファイルを見えなくして作業効率をアップしましょう。

settings.jsonを配置する

ワークスペースの直下に.vscode/settings.jsonというファイルを作ります。

ここにワークスペース特有の設定を記述します。

非表示にするパスを指定する

settings.jsonに非表示にするパスを書いていきます。

これはLaravelプロジェクトの例です。

{
    "files.exclude": {
        "**/.git": true,
        "**/.vscode": false,
        "**/bootstrap": true,
        "**/database": true,
        "**/public": true,
        "**/storage": true,
        "**/vendor": true,
        "**/xdebug_log": true,
        "**/.env.example": true,
        "**/.editorconfig": true,
        "**/.gitattributes": true,
        "**/.gitignore": true,
        "**/.styleci.yml": true,
        "**/artisan": true,
        "**/composer.json": true,
        "**/composer.lock": true,
        "**/package-lock.json": true,
        "**/package.json": true,
        "**/phpunit.xml": true,
        "**/README.md": true,
        "**/server.php": true,
        "**/webpack.mix.js": true
    }
}

こんな所でしょうか。

表示させたい時はそのファイル・ディレクトリの行を消すか、フラグをfalseにすればOKです。

見やすくなったか

もともとこんな感じだったのが…

こうなりました。

非常に見やすくなったのではないでしょうか。

設定はお好みで変えていきましょう。

以上です。

コメント/ピンバック

タイトルとURLをコピーしました