Gitで特定のファイルを管理対象外にする(git rm)

Gitで特定のファイルを管理対象外にするには、git rmコマンドを使います。

ローカルディレクトリからもGit管理対象からも削除する

> git rm ファイル名

これで完全にファイルが消えます。

ワーキングツリーからもインデックス(ステージングエリア)からも消えます。

ローカルのファイルは残す

> git rm --cached ファイル名

これでGitの管理対象からファイルを削除し、ローカルには残します。

インデックスから削除されて、ワーキングツリーに残る状態です。

ディレクトリごと消す

> git rm -rf ディレクトリ名

これでディレクトリと、その中のファイルを全て削除します。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました