Laravelをインストールする

Laravelをインストールするには、composerを使います。

公式ドキュメントは以下です。
インストール 6.x Laravel

インストールコマンド

サーバーのドキュメントルートで以下のコマンドでインストールします。

> composer global require laravel/installer

vender/binにパスを通す

vendor/binディレクトリにパスを通しておきます。
Laradockを使っている場合はworkspaceコンテナで設定済の状態になっています。

vender/binのパスは以下のコマンドで確認します。

# composer global about
Xdebug could not open the remote debug file '/var/www/xdebug_log/xdebug_docker.log'.
Changed current directory to /root/.composer ← この行を見る。この場合は「/root/.composer」となる。
Composer - Dependency Manager for PHP
Composer is a dependency manager tracking local dependencies of your projects and libraries.
See https://getcomposer.org/ for more information.

確認したパスに「vender/bin」を付け加えて$PATHに追加しましょう。

MacOSやLinuxでは以下のようにします。

# echo export PATH='/root/.composer/vender/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile
# source ~/.bash_profile

Laravelプロジェクトを作る

laravel new プロジェクト名コマンドで、プロジェクト名のディレクトリにLaravelの関連ファイルが自動的に作られます。

# laravel new projectname

カレントディレクトリの直下にプロジェクトを作る事もできます。Laradockを使っている場合はこちらを使う事になるかと思います。

# laravel new .

ローカルサーバーを起動する

ローカルPCに直接Laravelをインストールしている場合は、以下のコマンドでビルトインサーバーを起動できます。

# php artisan serve

http://localhost:8000でローカルサーバーにアクセスできます。

Laradockでnginxコンテナを起動している場合は上記のコマンドは不要で、http://localhostでローカルサーバーにアクセスできます。

サーバー要件

Laravel6を使うにはphp7.2以上が必要です。

その他、以下のエクステンションが必要です。
通常はインストール済になっていると思います。

  • BCMath
  • Ctype
  • JSON
  • Mbstring
  • OpenSSL
  • PDO
  • Tokenizer
  • XML

Laravelのインストールは以上です。

逆引きLaravel目次

Laravelをインストールする

LaravelでレスポンスをJSON形式で返す

LaravelでレスポンスをJSONP形式で返す

Laravelでクエリパラメータを取得する

LaravelでPOSTされたデータを取得する

Laravelでルートパラメータ(パスパラメータ)を取得する

Laravelでリクエストパラメータがあるかチェックする

LaravelでフォームのMethodをPUTやDELETEに変える

Laravelでリダイレクトする

Laravelでフォームリクエストの型を定義してバリデーションする

Laravelのコントローラのアクションでモデル型を受け取る(モデル結合ルート)

Laravelで現在表示しているページのURLを取得する

LaravelでCookie(クッキー)の取得、書き込み、削除をする

Laravelで定数を使う

Laradock

Laradockをインストールする

Laradockのworkspaceの共有ディレクトリを変更する

データベース

Laravelでデータベースにテーブルを追加する

Laravelでデータベースのテーブル名を変更する(マイグレーション)

LaravelでデータベースにInsertする。

Laravelでデータベースのテーブルにカラムを追加する(マイグレーション)

Laravelで指定したカラムの次にカラムを追加する(マイグレーション)

Laravelでテーブルのカラム名を変更する(マイグレーション)

Laravelのmigrationでテーブルにunique制約を追加する

Laravelで強制的にmigrationを実行する

Laravelでマイグレーションのロールバックを行う

ルーティング

LaravelでAPIのルーティングを追加する

Laravelで特定のプレフィックスがついたURLのルーティングをまとめて定義する

Laravelのルーティングファイルを追加する

ミドルウェア

Laravelでリクエストの前後に共通の処理を行う

Laravelで特定のルーティングに共通の処理を入れる

認証

Laravelで未ログインユーザーがアクセスしたらログインフォームを表示する

LaravelのViewでログイン状態によって表示切替する方法

Laravelでログイン状態かどうかをチェックする

Laravelでログイン中のユーザーの情報を取得する

Laravelでログイン中のユーザー情報を更新する

多言語対応

Laravelで現在のロケールを取得する

コマンドライン

Laravelでコマンドラインアプリケーションを作る

タイトルとURLをコピーしました