Windowsでjqコマンドをインストールしてコマンドプロンプトで使う方法。その他OSへのインストール方法まとめ。

jq Linux macOS OS Windows コマンド

Windowsにjqコマンドをインストールして使う方法を調べたのでメモしておきます。ついでにWindows以外のインストール方法もまとめます。

jqとは?

jsonデータを解析して整形したり集計したり、値を抜き出したりできる便利ツールです。
https://stedolan.github.io/jq/

Windowsにjqをインストール

Windows用のパッケージマネージャーで「chocolatey」という物があるので、これを使います。(知らなかった)
https://chocolatey.org/

読み方は「チョコレーティ」です。「チョコレート風味」みたいな意味だそうです。この名前になった理由はよく分からない。

chocolateyをインストール

コマンドプロンプトを管理者モードで起動し、以下のコマンドを実行します。

chocolateyでjqをインストール

インストールしたchocolateyを使ってjqをインストールします。

いったんコマンドプロンプトを終了して再度管理者モードでコマンドプロンプトを立ち上げてから、以下のコマンドを実行します。

これでjqのインストールが完了しました。

jq公式サイトからexeファイルをダウンロードする

chocolateyを入れるのがめんどくさい、上手くいかないという人は、jq公式サイトからexeファイルをダウンロードするという方法もあります。

jq公式サイト

公式サイトトップページの「Download 1.6」を押して、ドロップダウンメニューの「Windows(64bit)」を選択するとexeファイルがダウンロードされます。

ダウンロードした「jq-win64.exe」を好き場所において、パスを通せばコマンドプロンプトから使う事ができます。

jqを使う

今回はTwitter APIのCLIツール twurl の結果を見やすくしたかったので、試してみます。

jsonが改行、インデントされて見やすくなりました。

textを抜き出してみる。

うまくできました。

MacOSにjqをインストールする

MacOSの場合はbrewを使ってインストールします。

CentOSにjqをインストールする

CentOSの場合はyumを使ってインストールします。

Ubuntuにjqをインストールする

Ubuntuの場合はaptを使ってインストールします。

Linux系OSで実行ファイルをダウンロードする(yumやaptが使えない場合)

レンタルサーバー等でパッケージマネージャーが使えない場合は実行ファイルを直接ダウンロードする事もできます。

以下のコマンドで実行ファイルをダウンロードして使います。

/usr/local/binへのアクセス権限が無くここに配置できない場合は、自分のユーザーのホームディレクトリ以下のどこかに置いて使いましょう。

以上です!

コメント/ピンバック

タイトルとURLをコピーしました