LaravelをHerokuにデプロイするまでに最低限やる事。

HerokuにLaravelのコードをデプロイして動かすまでの手順を説明します。

大まかにいうと、Herokuリポジトリクローン→Laravelインストール→Herokuにpushという流れです。

Herokuのアプリケーションを作成する

Herokuのappを作っておきます。

下記のherokuコマンドか、Herokuのダッシュボードからアプリを追加します。

Laravelのインストール

アプリ名のディレクトリ内にLaravelをインストールします。

Herokuのリポジトリを追加する

Procfileを追加する

Herokuでドキュメントルートをpublic/以下になるように設定するため、Procfileというものを作成しておきます。これがけっこう忘れがちになります。

ファイルの中身は以下です。

これをやっておかないと、403エラーになります。

Heroku内で.envを作成させる

Laravelの .env はgit管理外なので、Heroku用の .env.heroku を用意しておき、デプロイの際にHerokuサーバー内で .env.heroku を .env にコピーするようにします。

まずローカル環境で.env.herokuを作っておきます。

> cp .env .env.heroku

次にcomposer.jsonを編集しておきます。

これをやっておかないと500エラーになります。

Herokuにデプロイする

 

これで https://アプリ名.herokuapp.com/ にアクセスすればLaravelの初期画面が表示されるはずです。

おまけ:ローカル環境でSSLが動かない場合

Laravel Homesteadを使っている場合、後からアプリケーション用のディレクトリを作るとSSLが上手く動かない事があります。

そんな時はいちどVagrantの仮想マシンを抜けて、 vagrant provision をやり直せばOK。

自己証明書が自動的に設定されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*