「ソフトウェア見積り」1章「見積りとは」のまとめ。

見積り

こんにちは。フリーランスWebエンジニアの村上です。

業務委託先で工数見積りをやる事になりそうなので、あらためて「見積り」について勉強する事にしました。

今回は家で積まれていた「ソフトウェア見積り」という本を読んで、各章の重要なところをまとめます。

私なりのまとめなので、気になったら本を買って自分で読んでみるべきです。

では本題。1章からまとめていきます。

(次の章のまとめはこちら

1部「見積りの考え方」

1章「見積りとは」

「見積り」、「ターゲット」、「コミットメント」を区別する

「見積り」は期間やコストの予測。

「ターゲット」はビジネス上の目標。(3月の展示会に発表できるものを作る。など)

「コミットメント」は期日までに納品するという約束。

これらは別々のものだが、「見積り」に影響を与えるのでそれぞれをコントロールできる事が大事。

「見積り」が関係するもの

見積り正確だと、以下の活動で良い結果が得られる。

  • 詳細なスケジュールの作成
  • クリティカルパスの特定
  • WBSの作成
  • 機能の優先順位付け
  • プロジェクトの反復プロセスへの分解

21章でさらに詳しく説明している。

見積りに幅をもたせよう

「2週間で100%完了する」という見積りは現実的ではない。

「10日~20日で完了する」というように幅をもたせよう。

さらに「良くて10日、最悪でも20日で完了する」と言えると有益な情報になる。

プロジェクトの前提は変わるもの

見積りを5%以内の誤差におさめようと努力しても、プロジェクトの前提は変わるもの。

仕様変更、メンバーの退職、スケジュールの変更など。

変わる可能性が高いものに対して、初期の見積りを正確にしてもあまり役に立たない。

プロジェクト担当者が仕様や人数の調整を行える状況で、必要な情報を提供するのが「見積り」の役目と言える。

その他の情報源

「ソフトウェア見積り」の中で以下の本が紹介されています。

 

1章「見積りとは」のまとめはここまで。

次の章のまとめはこちら

 

見積りが上手くなりたい方は読んでみてください。

ちなみにこの本を書いたのはスティーブ・マコネルという人ですが、この人の書いた「コードコンプリート」もかなり好きな本で、おすすめです。

ページ数は多いですが、分かりやすく書かれていて面白い本です。

コメント/ピンバック

  1. […] 一つ前の「1章 見積りとは」のまとめはこちら。 […]

  2. […] 一つ前の「2章 見積り能力のチェック」のまとめはこちら。 […]

  3. […] 前の「1章 見積りとは」のまとめはこちら。 […]

タイトルとURLをコピーしました