「ソフトウェア見積り」7章「数えて、計算して、判断する」のまとめ。最も基本的な見積り手法は「数える」です。

「ソフトウェア見積り」の7章「数えて、計算して、判断する」の内容をまとめます。

ポイントは「数える」が最も正確で、「判断する」が最悪に不正確な見積りだという事ですね。

前の「6章 見積り技法入門」のまとめはこちら

2部「見積り技法の基礎」

7章「数えて、計算して、判断する」

数える

見積りをするとき、数えられる物があるなら数えましょう。

それが最も正確です。数えられる物とは以下のようなものです。

  • 要求の数
  • 機能の数
  • ユースケース
  • ストーリー
  • ファンクションポイント
  • 変更要求
  • Webページ
  • ダイアログボックス
  • データベース、テーブル、カラム、レコード数
  • 計算する

これらのうち、何から数えるべきか?

何を数えるか?

何を数えるかは、より簡単に数えられて、効果の高いものを選びましょう。

以下のような条件に当てはまるものを優先して数えます。

  • 見積りに与える影響が大きいもの。→「5章 見積りに影響するもの」中で挙がったプロジェクトの規模に関連するもの
  • 数が多いもの→数えられる対象が少ないと統計的な意味が薄れます。20以上は数えられる物が良い
  • 今と似ているプロジェクトのもの→過去のデータを利用する時は、似たプロジェクトから数えられる物を探す
  • 簡単に数えられるもの→ファンクションポイントは算出が難しいので、より簡単なオブジェクトポイントを検討する

計算する

数えた物から計算することで、有益なデータになります。

その例は以下です。

  • 要求1件あたりの平均作業時間
  • 機能1つあたりの平均作業時間
  • Webページ1ページあたりの平均工数
  • データベースのテーブル1つあたりの関連作業の平均工数
  • クラス1つあたりの平均テスト時間

「ソフトウェア見積り」の本を見れば完全なリストが載っているので、参考にしたい方は本を参照してください。

重要なのは、「数えて、計算したもの」には人間の判断が含まれていないという事です。

2章 見積り能力のチェックであったように、人の判断による見積りはとても不正確なので、判断しない事が最良です。

判断する

書いてきたように、人の判断はアテになりません。それが専門家による判断だとしても。

その他の情報源

「ソフトウェア見積り」の7章では以下の本が紹介されています。

created by Rinker
¥7,897 (2019/07/19 03:19:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

7章「数えて、計算して、判断する」のまとめはここまで。

前の「6章 見積り技法入門」のまとめはこちら

 

見積りが上手くなりたい方は読んでみてください。

ちなみにこの本を書いたのはスティーブ・マコネルという人ですが、この人の書いた「コードコンプリート」もかなり好きな本で、おすすめです。

ページ数は多いですが、分かりやすく書かれていて面白い本です。

“「ソフトウェア見積り」7章「数えて、計算して、判断する」のまとめ。最も基本的な見積り手法は「数える」です。” への1件の返信

  1. ピンバック: 「ソフトウェア見積り」6章「見積り技法入門」のまとめ。 – mrkmyki@フリーランスブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*