TwitterのOAuthで400、401、403エラーが出る原因まとめ

Ruby on railsの勉強がてらTwitter連携アプリを作っていますが、4xxエラーでいくつか引っかかったのでエラーの原因をメモしておきます。

400エラー

原因:ツイッターのAPIキー(consumer key)とSecretキー(consumer secret)が設定されていないかもしれません。

APIキー等を環境変数から読み込んでいる場合、環境変数そのものが設定されていない等の理由が考えられます。

401エラー

原因:ツイッターのAPIキー(consumer key)とSecretキー(consumer secret)が間違っている。

APIキー等が間違っている可能性があります。

誤字脱字が無いか。ダミーの値を入れたままになっていないか。別の環境の値が入っていないか等を確認しましょう。

403エラー

原因:ツイッター側のアプリ設定で Callback URLs の設定が間違っている。

コールバックURLのドメインが、アクセス元のドメインと別のものになっていると403エラーになります。

開発環境で動作確認する場合は、開発環境のコールバックURLもツイッターのアプリ設定の Callback URLs に設定するようにしましょう。

以上です。参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*