Dockerを起動しようとしたら「Hardware assisted virtualization and data execution protection must be enabled in the BIOS.」というエラーが出る場合の対処

Docker OS Windows ツール

Windows10でDocker起動しようとしたら以下のようなエラーが出て起動できませんでした。

An error occurred

Hardware assisted virtualization and data execution protection must be enabled in the BIOS. See https://docs.docker.com/docker-for-windows/troubleshoot/#virtualization-must-be-enabled

日本語訳

エラーが発生しました
BIOSでハードウェア支援の仮想化とデータ実行保護を有効にする必要があります。 https://docs.docker.com/docker-for-windows/troubleshoot/#virtualization-must-be-enabledを参照してください

昨日まで普通に動いてたのになぜか。

解決方法をメモします。

BIOS設定を確認する

BIOS設定のCPUの項目の「Virtualization Technology」が有効になっているか確認します。

無効になっていたら有効にします。

Hyper-Vが有効になっているか確認する

提示されたURLを参考に、Hyper-Vが有効になっているかまずは確認します。

Windows10のスタートメニューから「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択。

Hyper-Vの項目にチェックがついているか確認。

昨日まで動いていたんだからついてるはずですが、もしチェックがついてなければつけます。

仮想化を有効にする

仮想化が有効になっているか確認します。

タスクマネージャを開きます。

有効になっていました。昨日まで動いていたからね。

Hyper-Vをオフにして再起動してオンにして再起動する

Hyper-Vが損傷している可能性があるらしいので、 「Windowsの機能の有効化または無効化」 からHyper-Vの機能を全てオフにして再起動します。

そして再びHyper-Vの機能を全てオンにして再起動します。

PowerShellでHyper-Vを有効にする

上記を試したうえでダメならさらにPowerShellでHyper-Vを有効化します。

PowerShellを管理者で実行して下記コマンドを実行します。

PCを再起動し、Dockerを改めて起動したら動きました。

Dockerの起動に少し時間がかかるようです。

参考になればうれしいです。

コメント/ピンバック

タイトルとURLをコピーしました