【図解Docker】Dockerの「コンテナ」と「イメージ」の関係を解説

Docker ツール

今やソフトウェア開発に欠かせないDockerですが、専門用語も多く初心者にはとっつきにくい所もあると思います。

今回はそんなDokerの「イメージ」と「コンテナ」についてシンプルに解説していきます。

イメージをつかむのに役立ててもらえればと思います。

Dockerイメージとは

Dockerイメージは、仮想環境を作るためのベースとなるファイルのことです。

CentOSのイメージ、Ubuntuのイメージなど様々なものが用意されています。

Dockerコンテナとは

Dockerイメージを元にホストマシン上に作られる仮想環境(ファイルシステム)です。

コンテナを用途別に複数立ち上げて開発することが多いです。

Dockerイメージを元にコンテナを作る

Dockerイメージとは、コンテナの元になるものです。

Dockerイメージからコンテナを作るのがdocker runコマンドです。

イメージからは複数のコンテナを作れる

Dockerイメージからは複数のコンテナを作る事ができます。

コンテナにはIDがふられるので、同じイメージから作られたコンテナでもこのIDで区別できます。

IDのほかに、任意の名前を付ける事もできます。

開発の時に操作するのがコンテナ

何かプログラミングして動かしたりするときは、主にコンテナを操作する事になります。

Dockerイメージから新しいイメージを作れる

既存のイメージを元に、新しいイメージを作れます。

イメージを作るのはdocker buildコマンドです。

コマンドを実行するディレクトリにDockerfileという名前のファイルを作り、新しく作るイメージの内容を記述します。

イメージとコンテナの一覧、削除コマンド

ホストマシン上に保存されているDockerイメージの一覧を表示するにはdocker imagesコマンドを使います。

Dockerコンテナの一覧を表示するにはdocker psコマンドを使います。

Dockerイメージを削除するにはdocker rmiコマンドを使います。

Dockerコンテナを削除するにはdocker rmコマンドを使います。

以上です。イメージがしやすくなればうれしいです。

コメント/ピンバック

タイトルとURLをコピーしました