【図解】Ansibleの用語、概念をシンプルに説明します

Ansible ツール

Ansibleを使い始める前に、専門用語や概念を理解しましょう。

公式ドキュメントを元に簡単に説明します。

公式ドキュメントは以下です。

Ansible concepts — Ansible Documentation

全体の概念図

Ansibleの用語の関係を図で示すと以下のようになります。

必要なものはすべてコントロールノード(Control node)に集まっている事が分かります。

コントロールノード(Control node)

Ansibleがインストールされている端末のことです。

この端末からansibleコマンドを実行します。

一つのコントロールノードから複数の管理対象ノードを制御することができます。

Windowsマシン上では動かすことができませんが、Dockerなどを使えば仮想環境で動かせます。

DockerでAnsibleをインストールして動かす(Windows、MacOS共通)

管理対象ノード(Managed nodes)

Ansibleで管理する対象の端末のことです。

「ホスト(host)」とも呼ばれます。

コントロールノードからssh接続できる必要があります。

管理対象ノードにはAnsibleをインストールする必要はありません。

インベントリ(Inventory)

インベントリとは、管理対象ノード(ホスト)のリストのファイルです。

デフォルトでは/etc/ansible/hostsに保存されます。

インベントリには各管理対象ノードのIPアドレスなどの情報が含まれます。

管理対象ノードのグルーピングなども可能です。

モジュール(Modules)

ファイルの操作、パッケージのインストール、ユーザーの管理など、管理対象ノードで特定の操作を行うためのコードの集まりです。

Ansibleには大量のモジュールがすでに用意されています。

タスク(Tasks)

タスクとはAnsibleが実行するアクションの単位です。

複数のモジュールや条件分岐を組み合わせて一つのタスクを構築します。

プレイブックにタスクのリストが書かれます。

プレイブック(Playbooks)

プレイブックとは、タスクの順番付きリストが保存されたYAML形式のファイルです。

変数や条件分岐なども記述できるようになっています。

途中でエラーが発生したらタスクの実行を停止する事などもできます。

Ansibleの用語の基本的な説明は以上になります。

コメント/ピンバック

  1. […] Ansibleの概要はこちら → 【図解】Ansibleの用語、概念をシンプルに説明します […]

タイトルとURLをコピーしました