Bitbucketのgitリポジトリを作成してWindows10からssh接続でpushする手順

Bitbucket git OS Windows コマンド サービス

Bitbucketのgitリポジトリにssh接続でpushする方法を解説します。
Bitbucketのサポートページを見れば分かるのですが、リポジトリの作成とssh接続の設定の説明ページが分散しているので備忘録がてらまとめました。

BitbucketでGitリポジトリを作成する

Bitbucketのメインメニュの「+」を押してリポジトリを追加します。

リポジトリ名を入力します。公開リポジトリにしたい場合は「これは非公開リポジトリです」のチェックを外しておきましょう。
基本的にデフォルトの状態で良いと思います。「リポジトリの作成」を押せば完了です。

作成が完了すると簡単な説明が表示されますが、この通りにやると認証で引っかかるのではないかと思います。

ローカルのファイルを使ってリポジトリを作成する

ローカルのソースコードが保管してあるフォルダーに移動し、以下のコマンドを実行します。

$ git init
$ git remote add origin git@bitbucket.org:<ユーザー名>/<リポジトリ名>.git
$ git add .

ssh鍵を用意する

次にssh鍵を用意します。コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

> ssh-keygen
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (C:\Users\hoge/.ssh/id_rsa):
Created directory 'C:\Users\hoge/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:

ファイル名の変更やパスワードの設定をしない場合は、全てEnterを押していきます。
C:\Users\(ユーザー名)\.sshに秘密鍵(id_rsa)と公開鍵(id_rsa.pub)のファイルが生成されます。

ssh公開鍵をBitbucketに設定する

用意した公開鍵を、Bitbucketに登録します。
一番左側のメニューの一番下の、自分のアカウントのアイコンを選択します。

左下からメニューが出てくるのでその中から「Bitbucket settings」を選択します。

さらにメニューの「SSH鍵」を選択肢、「鍵を追加」を選択します。

鍵追加のダイアログが表示されるので、任意のLavelとKeyの内容をコピペして保存します。

鍵の追加はこれで完了です。
これでgit pull、git pushできるようになりました。

補足:読み込み専用のssh鍵設定

Bitbucketのリポジトリごとに、読み込みの用のアクセス権限を設定することができます。
この設定をするとgit pullはできますが、git pushはできなくなります。
ここで設定するキーペアは、Bitbucket全体に設定したキーペアとは別の者にしておきましょう。

リポジトリを選択し、「設定」→「アクセスキー」→「鍵を追加」を選択します。

鍵の追加フォームで「Label」には任意の名前を入力し、「Key」に用意しておいた公開鍵(id_rsa.pub)の内容をフォームにコピペします。
入力したら「鍵を追加」ボタンを押します。

読み取り専用のアクセス設定は以上です。

コメント/ピンバック

タイトルとURLをコピーしました