「ソフトウェア見積り」7章「数えて、計算して、判断する」のまとめ。最も基本的な見積り手法は「数える」です。

「ソフトウェア見積り」の7章「数えて、計算して、判断する」の内容をまとめます。 ポイントは「数える」が最も正確で、「判断する」が最悪に不正確な見積りだという事ですね。

「ソフトウェア見積り」6章「見積り技法入門」のまとめ。

「ソフトウェア見積り」の6章「見積り技法入門」の内容をまとめます。 この後の章で紹介される見積り技法を選択するための検討事項を紹介しています。

「ソフトウェア見積り」5章「見積りに影響するもの」のまとめ。20以上の要因から一部を紹介します。

「ソフトウェア見積り」の5章「見積りに影響するもの」の内容をまとめます。 本の中で20以上の要因が紹介されていますが、このブログでは私が特に重要だと思った部分だけ書きます。

「ソフトウェア見積り」4章「見積り誤差はなぜ起きる?」のまとめ。誤差の要因多すぎ。

「ソフトウェア見積り」の4章「見積り誤差はなぜ起きる?」の内容をまとめます。 結論は…「誤差の原因が沢山ありすぎて一言では書けない」です。

「ソフトウェア見積り」3章「正確な見積りの価値」のまとめ。見積りは大きめにするのが正解。

「ソフトウェア見積り」の3章「正確な見積りの価値」の内容をまとめます。 結論は「見積りは大きめにするのが正解」で、その理由などが説明されています。

「ソフトウェア見積り」2章「見積り能力のチェック」のまとめ。90%正確な見積りは不可能。

「ソフトウェア見積り」の2章の内容をまとめます。

「ソフトウェア見積り」1章「見積りとは」のまとめ。

今回は家で積まれていた「ソフトウェア見積り」という本を読んで、各章の重要なところをまとめます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました